About charter bus

貸切バスについて

京都さくら観光では、「安全輸送の確保」を最優先に、お客様に「安心・快適」なバスのたびをご提供できるよう、全社員一丸となり取り組んでまいります。
貸切バスをご利用の際は、セーフティーバスの認証を受けた、京都さくら観光の貸切バスをぜひご利用ください。

セーフティバスマークについて

公益社団法人日本バス協会において、下記項目についての書面及び訪問審査を行い、日本バス協会に設置された学識経験者・有識者・国土交通省・日本バス協会により構成される貸切バス事業者安全性評価認定委員会を開催し、評価認定が行われます。

セーフティバス
シンボルマーク

主な評価認定項目

  • 安全性に対する取組状況
  • 事故及び行政処分の状況
  • 安全輸送マネジメントの取組状況
日本バス協会から認定を受けた事業者の貸切バスには、ハート型の「セーフティバス」のシンボルマークが交付されます。シンボルマークの星の数は、安全性評価認定のレベルを表し、初年度の一つ星(★)からスタートし、2年後の認定審査を経て4年後に三つ星(★★★)になることができます。
このマークは、貸切バスをご利用されるお客様が安心してバス会社を選択できるよう、安全に対する取組状況が優良なバス会社であることを示すシンボルマークで、安全に対して弛まぬ努力をし続けているバスを意味します。

貸切バスとレンタカーの違いについて

貸切バス

貸切バスは、車両とドライバーがセットになっているのはもちろん、国家資格を持つ「運行管理者」が、バスの安全な運行を管理しているということが重要です。 たくさんのお客さまを目的地へ安全に確実に運ぶために、万が一の事故など、不測の事態に備えて、常にバスの運行を管理しています。

大型・中型バスのレンタカーはございません。 人数が29名以上になる場合は、バス会社で運転手付き貸切バスを手配しましょう。

「〇〇に行きたい!」という観光地を踏まえ、その他の観光地もお調べし「観光プラン」としてのご案内ができます。 道順も駐車場も、全てお任せください。プロドライバーとセットの貸切バスならではの贅沢な旅のプランをご提供いたします。

レンタカー

レンタカーは、ドライバーは付いてきません。車をレンタルして、自分たちで運転をしないといけません。もちろん運転手は、お酒を飲むことができません。 さらに、バスのトラブルや事故の対策などは、ご自身で対処解決する必要があります。

レンタルできるのはミニバス(ハイエースなど)と呼ばれる15名乗りのものと、26~29名乗りのマイクロバスまでです。 運転するには中型(限定解除)もしくは大型免許が必要なのでご注意ください。

旅行日は決まっているが、初めて行く場所だから何もわからない…など、全ての情報をお客様が調べ、ルート確認し、またバスが入れるかの道幅確認や駐車場の確認など、色々と大変です。 急な行き先変更や自分たちのペースでゆっくりと行きたいという場合以外は手間がかかります。

貸切バスは、安全・安心で、何といっても運転手がいるのでとっても快適で、ドライバー付きの方が安く済む場合もあります。
そして長年の経験をもとに様々な観光スポットをご紹介させていただきます。
少人数でも大型・中型・小型の貸切バスをご用意しておりますので、納得のコース、納得の運転で旅の楽しい思い出作りに、ぜひ京都さくら観光をご利用ください。